手付金の保全措置

大手デベロッパーの建売住宅はほとんど、販売代理業者が実際の販売を行います。大手デベロッパーは、開発・企画が主たる仕事であって、実際の販売は系列または子会社である不動産販売業者に販売を委託します。

販売代理業者と契約した建売住宅は、引渡しまで販売代理業者の責任で手続きが進みます。 住宅ローンの手続きとか、登記手続きとかですね。瑕疵補償に関することは売主であるデベロッパーが対応します。

契 約時には手付金を支払いますが、完成物件の場合は10%を超える金額、未完成物件の場合には5%を超える金額を支払う場合、手付金の保全措置が義務付けさ れています。保全措置とは、具体的には保証保険に加入したり、銀行が保証を行なって、万が一売主が経営破たんし、契約が履行されなくなった場合、手付金を 買主に返還するための措置です。

今すぐ専門業者を探す

建売の専門家をPICK UP!!

建売の専門家を「建売業者検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト Q&A QRコード