販売代理と仲介業者

建売住宅のチラシを見ると、ほとんどの場合

○事業主・販売主
○販売代理・販売提携

と2つ以上の宅建業者の名前が記載されています。
事業主・販売主は売主のことで、販売代理・販売提携は仲介業者のことです。 不動産会社が仲介に入る場合、一般的には仲介手数料を支払うことになりますが、建売住宅の場合には、仲介業務ではなく、代理業務として不動産会社が仲介しますから、仲介手数料の支払いは必要ありません。 ところが、売れ残りの建売住宅の中には、不動産会社が仲介している物件もあります。その場合には、仲介手数料の支払いを求められることもありますので、販売代理か仲介(媒介)かを必ず確認しましょう。

今すぐ専門業者を探す

建売の専門家をPICK UP!!

建売の専門家を「建売業者検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト Q&A QRコード